« Slim ミドリフグ飼育セット | トップページ | アントクアリウム人気ですね »

2004.06.10

■薬を使わない白点病治療方法2・換水作業方法

 前回は、白点病発生の仕組み等について触れていきました。白点病の爆発的
増殖サイクルからの脱出方法として、私は換水による方法を行っています。で
は、具体的な換水方法についてご紹介します。

■必要な道具
GEX  ジェノア水槽セット300H ブロンズ
・10リットル程度のバケツなどの入れ物 2個
 ※小さな水槽でもプラケースでもなんでも大丈夫です。2つ必要です。
  私は100円ショップで買ってきましたが↑のような小さなキューブ水槽などのほうが
  回復状況を把握しやすいのでおすすめです。

ニッソー エアーポンプINNO-β600
・エアレーション 2個(ブクブクです。両方の入れ物へ入れます。)
 ※二つのバケツにエアーが送りこめれば大丈夫です。

テトラ 26℃安全ヒーター100W SH-100
・オートヒーター 2個
 ※二つの入れ物を同じ温度に保つ必要があります。温度調節できるとよいです。

・スポンジ(普通の食器洗い用スポンジです。) 1個
 ※利用した入れ物や機材を毎日徹底的に洗います。新品で一つあるといいです。

AZOO パーム温度計
・温度計 2個
 ※温度チェックが必要ですので、2個あると便利です。

業務用人工海水の素500L用
・人工海水の素(2週間ほど毎日交換することになりますから十分な量を。私が使って
 いるのはこちらの中和剤入り500リットル業務用を使っています。非常に安上がりで
 すのでまとめ買いしています。)

・比重計など、海水魚飼育に必要なものは適宜用意してください。

■治療する魚を入れるための下準備

 まず、両方のバケツに海水を用意して満たします。温度は白点病になってしまった魚
が入っている水槽とおなじ温度にして、エアレーションをかけておきます。

■準備ができたら、病気の魚を移動します。

 用意したバケツの一つへ魚を投入してください。(当然、魚を買ってきたときと同じ
様に水合わせ、温度あわせをしながらです)このまま、一日様子をみます。

 ~ポイント~
  ・バケツにはラップを張っておいたほうが魚が飛び出しません。
   うちのコンゴウフグは怒って口で水鉄砲を吹きまくり、周りを水浸しに(-_-メ)

■1日目の換水

 一日たったら、あらかじめ用意しておいたもう一つのバケツへ魚だけを移動させて
ください。今まで入っていたバケツの海水はすべて捨て、機材を隅々まで徹底的に水
洗いします。終わったら、また海水を満たし、ヒーターを入れて、エアレーションを
かけておきます。これを次に使います。

 ~ポイント~
  ・魚だけをもう一つのバケツへ移動してください。
   (網で魚をすくうと大きなダメージになるので入れ物を使いますが、多少の
    海水が混ざってしまうのは仕方か無いですね。)
  ・入っていたバケツ、ヒーターなどの機材類を徹底的に水洗いしてください。
   白点病の仔虫が残るかもしれません。

■2日目以降
 掃除をして海水を満たしておいたバケツへ魚を移動させます。
 移動が終わったら、今まで入っていたバケツの海水はすべて捨て、機材を隅々まで
徹底的に水洗いします。終わったら、また海水を満たし、ヒーターを入れて、エア
レーションをかけておきます。これをまた次に使います。・・・

■換水のイメージ図
kansui.gif

■要するにバケツのピンポン利用です。
 ポイントは、大体わかっていただけたかと思うのですが、要するにバケツに入って
いる海水を毎日交換して行きます。これにより白点病が徐々に除去されていき、やがて
魚に取りつかなくなります。餌については、毎日の水の交換前に少し与えてから交換
作業をするとよいと思います。濾過装置は使わないので、必ず毎日、長くても2日に
一回は交換作業を続けてください。

 なお、白点病は温度が高いほうが増殖サイクルが早くなるようです。この換水を繰
り返す際に、毎日徐々に1℃ぐらいずつ温度を上げると短い期間で分裂するため魚から
離脱していくので除去効果があがりました。
飼育する魚にもよりますが、私のコンゴウフグは26℃の水槽で飼育していましたので、
バケツ換水の間だけ最高28℃まで徐々に上げて行いました。元の水槽に戻す際には
またゆっくりと毎日少しずつ温度を下げて戻してあげました。

 これらの換水作業を繰り返す期間ですが、だいたい2週間ぐらい繰り返すと
ほぼ直っていると思います。ただ、なくなったからといって、すぐにもとの水
槽に戻すと再発するおそれもありますから、十分に様子を見ながら少し長めに
繰り返すと良いと思います。元の水槽にも白点虫が残らないようにするため、
換水をくりかえしておくといいかもしれませんね。

 なお、現在飼育しているコンゴウフグ、ハナビラクマノミ、ハマクマノミと
も購入して数日で一度白点病を発病しました。この際、換水による治療を1回
行った以降、今まで一度も再発していませんので大丈夫だと思います。

 最後に、当然ですが白点病は管理がおろそかになってしまうと再発する恐れ
もあります。一度直してあげれば、再発の可能性は少なくなるはずですが、再
発しないようしっかりとした日々の飼育管理を継続してください。

もし、わからないことがあれば解説しますので
ご質問を下のコメントへ投稿ください。当サイトはリンクフリーです。
海水魚の白点病で困っている方がいたらご紹介いただいてかまいません。
ご紹介いただく場合は
http://bigorange.cocolog-nifty.com/のURLへお願いします。

これを読んでいただいた方々の魚が元気になることを祈ります(^o^)丿

白点病治療薬をお探しなら、楽天市場へ。こちらからどうぞ

そのほかの特価 限定 新製品情報は、こちらも見逃せません!

そのほかの海水魚・熱帯魚・特価品・お買い得商品をさがすならコチラからどうぞ

■熱帯魚・海水魚は楽天市場の通販でも購入できますよ。熱帯魚・海水魚通販ショップはこちら
・パウパウアクアガーデン(東京 銀座)
・宮古海水魚(沖縄)
・スリーペット(埼玉)
・ブルースポット(埼玉)
・アクアプロショップ(東京 お台場)
・charm(群馬)
・ビオトップジャパン(岩手)
・TropiLand(首都圏最大規模の熱帯魚直輸入直販店・東京 荒川区)
・CEPPO WEB SHOP(名古屋の海水魚専門店)

■水系ペット大集合!最新の水系ペットのblogはコチラがオススメ
人気blogランキングへ投票する
人気blogランキングへ投票する


petlinks
■犬、猫、鳥などペット関連情報はコチラからどうぞ

|

« Slim ミドリフグ飼育セット | トップページ | アントクアリウム人気ですね »

コメント

カクレクマノミの白点病で悩んでこちらにたどりつきました
(^_^;)
魚の種類にもよるでしょうが毎日換水というのを試してみたいと思います
3点うかがいたいのですが・・・
※同じ水槽にいた現在白点が出ていない魚にも行ったほうがいいのでしょうか?

※換水を2週間行ったあと、魚を水槽に戻すときですが
リセットした水にしてしまったほうがいいのでしょうか?

※飼ってきた魚を入れておくトリートメントタンクは薬は入れず海水のみでいいのでしょうか?


30センチ水槽で外掛けフィルター使用です
魚はカクレクマノミ2匹とデバスズメ1匹です
現在1匹のカクレクマノミが白点出ています
その1匹のみ、海水のバケツにうつしてあります
よろしくお願いいたします

投稿: ひかる | 2004.09.24 22:44

正しい処置方法とか保障はできませんが
私の場合のいつもの処置方法として
ご参考までに回答します。

>※同じ水槽にいた現在白点が出ていない魚にも行ったほうがいいのでしょうか?

白点が出ていない魚に対しては行っていません。
ただし、数日後蔓延してしまって結局
全部うつってしまうことが多かったです(-_-;)

どうやら白点病の卵が元の水槽に残っている場合と
他の魚の体力とかに依存するようです。

なので、必ずしも行わなくてもいいはずですが
警戒準備はしておいたほうがいいです。蔓延しないか
よく固体を継続チェックしてください。

チェックする際ですが、日中は白点が取り付かなくても
夜中暗くなってとか朝方につくような気がしますので
時間を変えてチェックすることがオススメです。
消えたかな?と安心すると一気に爆発増殖するので
ひとつぶでも白点を見かけたら、作業している感じです。


>※換水を2週間行ったあと、魚を水槽に戻すときですが
 リセットした水にしてしまったほうがいいのでしょうか?

私の場合は、元の水槽の水はリセットしてしまいます。
ただし、フィルター類はいじらずにします。
換水をはじめると2週間ぐらい時間がありますから
この間に元の水槽に対して
新しい海水を入れ替えて戻るときの
用意しておくといいと思います。

>※飼ってきた魚を入れておくトリートメントタンクは
 薬は入れず海水のみでいいのでしょうか?

買って来てすぐの固体は別の水槽に飼育水槽から
海水を入れて数日様子をみている感じです。
テトラのアクアセイフだけ薄めに入れています。
この期間内にだいたい病気が発病するかどうか
見つけています。

投稿: bigorange | 2004.09.25 14:40

さっそくのご回答ありがとうございました
カクレクマノミも1匹落ちてしまいました(T_T)
現在残ったカクレにも1個白点が出ていましたので教えていただいた方法でチャレンジしています

水槽の水はリセット中です
ライブロックもSS4個入っていたのですが別のバケツで海水とエアレーションで数日水槽に入れず様子を見ようかと思います

毎日の水槽の入れ替えは初めてなので魚の体力的に心配もありますが実行してみます!

また何かありましたらご質問させていただきたいです
ありがとうございます☆

投稿: ひかる | 2004.09.27 09:00

現在薬を使用せずに治療を行っている最中ですが、餌は普段どうり与えてもいいのでしょうか?

投稿: ブルーフェイス | 2004.11.29 10:07

ブルーフェイスさん、こんにちは。
白点病の具合はどうですか?
ご質問の餌の件について回答します。

私の場合、餌については、毎日の水替えの前にしていました。
餌はいつもどおり(少し控えめ)であたえていました。
大抵、餌を食べた後に糞をすると思うので、糞をしたのを
確認してから水替えを実行しました。(大体、食後 1時間後ぐらいから開始)

魚への負担を考えると、食後すぐ水替えするのは悩みどころですが、
折角、水替えをした後に糞などで水が汚れてしまうと、濾過器が無い
状態で次の日の水替えまで待たせるのは、厳しいのではないかと
思ったからです。

水替えでの白点病対策は魚の自己回復での治療になりますから、
餌は与えたほうがいいと思います。あと、冬時期は温度差や海水濃度に
気をつけてください。一日で想像以上に変動することがあります。

暖房をつかっているなら水分蒸発対策にサランラップを貼る。
水が減っているようなら調整する。
部屋が冷えるようであれば治療する水槽まわりに毛布を
かけておくといった対策もあわせてオススメします。
また、設置場所が日のあたる窓際
ではなくても安心できません。夕暮れの西日の対策も必要です。
部屋の状況によっては夕方に窓から部屋の中へ直射日光が
あたりおもわぬところで加熱してしまうという場合もあります。
冬場はいろいろな環境面には十分注意をしてください。

いち早い回復をお祈りします。
頑張ってください(^o^)丿

投稿: bigorange | 2004.11.29 11:26

先程はご丁寧に有難うございました。もう一つお聞きしたい事がありまして、現在治療中のブルーフェイスなんですが、冷凍のクリルを与えても全く食べてくれません。どのような処置をとれば良いでしょうか?またクリルの他に良い餌があれば教えて頂きたいです。何分まだ海水魚を始めて半年の初心者なのですいませんがどうぞ宜しくお願いします。

投稿: ブルーフェイス | 2004.11.29 17:28

ブルーフェイスさん

餌を食べないということですが、私の飼育経験では
フグとクマノミしか経験がないため、魚の種類毎の対応方法は
私もなんともいえません。

ただ、餌を食べない状況となるとかなり白点病が進行している状態
という感じでしょうか?体調があまり悪化していないなら
餌は食べてくれるはずなのですが。魚類は必ずしも毎日
食べなければいけない訳でもないと思いますので
数日程度ならそんなにあせらなくてもよいと思います。

無理して食べさせるよりも、餌を少しだけいれて様子をよく見て
興味が出るまでまってから与えてみるとかするのもいいかもしれません。

あとは、水温が低めだとクマノミもあまり食欲が出なかった
時期がありましたので、一日かけて徐々に徐々に少し温度を上げて様子を
見るというのもいいかもしれません。

魚の品種によって適温は異なるとおもいますので注意してください。
我が家のクマノミ水槽は26度~27度で設定しています。

投稿: bigorange | 2004.11.30 00:16

大変為になる内容が豊富で、とても参考になっています。

白点病の撃退について、スカンクシュリンプやホンソメワケベラは、白点病に対する減少効果は本当にあるのでしょうか?

お忙しい中、可能であればご教授頂けましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

投稿: ao | 2005.05.01 18:14

aoさん、ご訪問いただきありがとうございます。bigorangeです。

 確かに、スカンクシュリンプやホンソメワケベラなどは、他の魚の体表に寄生する、寄生虫を食べるという習性があるといわれていますね。でも、「白点病虫を食べる」とピンポイントに効果を出すとは、あまり聞いたことがないです。寄生虫というところまでしか聞いたことがないですね。そのうちの何をたべるのかまではわかりません。

 混泳魚に対してクリーニング行動をとるということで、重宝されますが、しつこくされることで嫌がる魚も多いらしいとのことなので、なんともいえませんね。

ひょっとしたらですが、魚の痒いところを掻いている程度なのかもしれませんね
(^_^;)

 白点病は魚の体内にいるという話もありますし、そもそも爆発的な増殖力を持っている白点病を減少させるには、ちょっと厳しくおもいます。目にも見えないとおもわれるので非常に微妙ではないでしょうか?

 私の水槽では、スカンクシュリンプやホンソメワケベラは飼育していませんが、彼らがいなくても、換水で白点病の治療をカバーはできていますので、あまり期待をこめてしまうと、おそらく厳しいとおもいます。

 スカンクシュリンプやホンソメワケベラ自体はきれいですし、水槽の華になりえますので、クリーナーというか、飼育する魚とエビの一員として扱ってあげたほうがいいとおもってますよ(^o^)丿

投稿: bigorange | 2005.05.01 21:51

白点病の治療のことなんですが、治療水槽内の魚を別の容器に移すときは、
治療水槽の水をバケツに入れて別の容器の海水で水あわせをしなければいけないんですか?教えてください。

投稿: 厳戒 | 2005.05.02 00:24

bigorangeさん 早速のご回答誠に有難う御座います!

おっしゃるとおり、白点病の繁殖速度には太刀打ち出来ているようにはちょっと見られませんよね。。(笑)

クリーニング期待でスカンクとホワイトソックスをそれぞれ入れてみましたが、クリーニングの仕草が可愛い&水質チェック用程度とわきまえます。。

GWを利用しまして、こちらで紹介されている換水治療を現在ウズマキ&ロイヤルグラマに実行しています!
効果が上がっていますので、大変感謝しています。
これからもどうか楽しい為になるページをますます期待しています!!

投稿: ao | 2005.05.02 08:58

厳戒さん、ご訪問いただきありがとうございます。bigorangeです。

すこし、回答が遅くなって申し訳ないですm(__)m

ご質問の件ですが、治療水槽内の魚を別の容器に移すときなのですが、治療に入った場合、バケツ間の移動については、水あわせをしていません。

たとえばですが、

・1日目
 いままでいた水槽→治療用バケツ
 (これは水質も変わるので温度あわせ、水あわせします)

・2日目
 治療用バケツ→治療用バケツ
 (両方とも新しい海水をつかいますから水あわせはしません。
  あらかじめ温度は両者ともあわせておきます)

・3日目
 治療用バケツ→治療用バケツ
 (新しい海水を使って繰り返しますから、水あわせしません。)

・X日目
 治療用バケツ→いままでいた水槽
 白点病が治ったころあいを見計らって、もどすことになるとおもいますが
 (これは水質も変わるので温度あわせ、水あわせします)

このように、治療中はバケツの海水は新品になりますから
バケツ間の移動時には水あわせはしていません。

私の場合、少々荒っぽいですがバケツを並べて
行ったりきたりさせる感覚ですので、温度だけチェックして
すくってホイっという感じで移動させています(^_^;)

そのあとすぐに掃除をして、海水を用意して、ヒーターをセットし
明日使うバケツをすぐに用意しておきます。海水は数日分をまとめて作ってペットボトルで保管して使うと楽ですよ。あらかじめ室温にしておくと暖める時間も減りますし、ヒーターの電気代も節約になります。

これだと、仕事が終わって帰ってきてからも
すぐできますので慣れてくると10分程度の作業です。

これでコツはわかりますでしょうか?
不明であれば、ご遠慮なく
追加質問をくださいませ(^o^)丿

投稿: bigorange | 2005.05.04 11:59

いつも参考にさせてもらってます。ところで、飼って1週間が経過したコンゴウフグ(全長1・5センチ、ツノもまだ無い)が白点病です。換水による治療をしようと思ってますが1つだけ不安があります。この治療法だと真新しい海水に何度もフグを入れることになると思うのですが、それが不安です。というのも、フグを飼うに当たり、海水を作ってから2週間待ちました。海水を安定させるためだったと思います。初心者本にも「真新しい海水にすぐ、魚を入れてはダメ」的なことが書いてあります。新しい海水(バクテリアもないですよね)に魚を入れることはタブー的なイメージがあるのですが、そこらへん大丈夫でしょうか?

投稿: カズ | 2005.05.26 15:38

カズさん、いつもご訪問ありがとうございます。
bigorangeです。

ご質問の件について回答します。

 小さなコンゴウフグについてですが、私は「新しい海水」はだめということは初耳でした。

・フグの仲間はかなり薬に弱いらしい
・コンゴウフグは5センチを越えるまで水質にも敏感で飼育が難しいらしい

ということは聞いたことがあります。

 海水中のバクテリアについてですが、これは「水質浄化」にとっては必要です。ただし、換水を繰り返すことになりますから、「いつも綺麗な海水」を換水で与えることになります。ということから「浄化」は必要なくなりますから、バクテリアは無くてもよいということになります。

 しかし、小さいフグでは毎日の新しい水換えストレスは、若干不安がありますね。小さいのは飼育経験がないのですが、すこし考えてみました。以下の方法はどうでしょうか?

■最初に新しい海水を多めに作っておく。

 毎日の換水で白点病をなおす方法ですが、「作りたての海水」を要求するものではありません。作りたてはやはりストレスの原因となりうるので、毎回、毎日直前に新しく作るよりは、同じ日に一気に多めにつくっておき、それをつかえば水質は大きくは変わらないと思います。

 「真新しい海水」ということよりも「白点病で汚れていない海水」が必要と思ってもらうとわかりやすいと思います。

 あと、作りたての海水をすぐ使うよりも、つくって一日程度たってからのほうが馴染んで安定しますからおすすめです。私は、使う一日前に作っておきラップをして日光にあてておきます。(水温も自然にあがりますし、紫外線殺菌ということで。)

■換水の理由と間隔について

 なんどか白点病を経験するとわかってくるとおもいますが、実は白点病は体に付いたり、なくなったりということをします。これは数日間取り付いて離脱を繰り返しているからになるのですが、必ずしも体についている白点病のすべてが同じ日には、はがれないので、毎日換水を繰り返す作戦です。体から離れて漂っている白点病虫を海水ごと確保し、減少させていくことを狙っています。

 また、この方法での白点病治療は濾過器をつかわないため、そのままにしておけばどんどん海水が汚れてしまいます。前述しましたが、バクテリアがいなくてもよいのは、バクテリアによる浄化については換水によって綺麗な海水をつかうので、浄化していることとおなじになります。ですので、バクテリアがいなくても綺麗な海水を補うことができますので、これらの理由から、毎日換水をすることになります。

 もし、水量を多く確保できるなら、経験上2~3日に1回の換水でも大丈夫でした。ただし、白点病がうまくとれるまでに、時間を要する可能性がありますので、すこし長い期間、繰り返すといいと思います。

 最後に、おそらく最初に今居る水槽から取り出して、新しい海水へ入れる時の「水あわせ」と「温度あわせ」が最初の峠です。失敗するとストレスがかかりますので、体調を一気に崩してしまうことが一番怖いところになります。慎重にいつもよりも多く時間をかけてやってみてください。

投稿: bigorange | 2005.05.26 23:28

はじめまして。
いつも参考にさせていただいてます。
ひとつアドバイスをお願いできませんでしょうか?
5日前から飼いはじめたコンゴウフグが白点病です。
bigorangeさんがご紹介されている換水作業方法で、現在治療中です。
気長にゆっくり見守っていきたいと思います。
白点病については、これでよくなってくれることと思っているのですが、
困っているのは餌を全く食べてくれないということです。
乾燥エビ、冷凍エビ、乾燥アカムシなどをあげてみましたが、全然駄目です。
このままでは衰弱してしまうのではと心配です。
それから、片方の鰭が腫れて動かせなくなっているみたいです。
他に何かしてあげられることは無いでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

投稿: あや | 2005.07.02 21:53

あやさん
ご訪問ありがとうございます。
bigorangeです。

コンゴウフグが食欲がないとのことですが、5日前から(購入時依頼)ずっと食べていないのでしょうか?コンゴウフグに限らず、購入して数日は餌は食べないことはありますね。ただ、5日となると少々心配です。

 乾燥エビ、冷凍エビ、乾燥アカムシは試されたとのことですが、私のうちのコンゴウフグには、冷凍ブラインシュリンプ、冷凍赤虫、バナナ、いちご、アサリの茹でた剥き身、戻した乾燥ワカメ、フレークフードなどをピンセットで与えています。これらが正しいかどうかはわかりませんが、もし試していなかったら検討してみてください。

 あとは、お店で購入した際にショップで与えていた餌を少しわけてもらうか、聞いてみて同じ餌を用意するといいのではないでしょうか?

 また、鰭が腫れている点は判断が難しいのですが、白点虫寄生が発症して悪化している際に、合併症という形でビブリオという病気を併発症し、ヒレの付け根が鬱血するケースがあるようです。基本的にストレスや環境の急変(高温)によって魚体の抵抗力が落ちた時に、ビブリオが猛威を奮う症状とのことなので海水を綺麗に一定温度で保つことが第一のようです。

 あとは、抗生物質を投与することがあるようなのですが、私には治療経験がないので、どのような薬を用意すればいいのか?まではわかりませんでした。ヒントになればいいのですが・・・。

投稿: bigorange | 2005.07.03 12:51

bigorangeさん
早速のご回答ありがとうございます。
嬉しいことに、昨日ようやく餌を食べてくれました!
乾燥エビがお気に召したみたいです。
乾燥アカムシもひと口食べましたが、そのあとはあげても反応ナシです。
ともかくひと安心しました、、、
バナナやイチゴも食べるのですね。
今度あげてみようと思います。
鰭ですが、おっしゃるようにビブリオを併発しているのかもしれません。
鰭の付け根が白く腫れています。
でも、少しずつ回復しているみたいで、
腫れてる方の鰭も動くようになってきました。
一時は危機的な状況かと思いましたが、
無事に峠を越してくれたみたいで、
嬉しい限りです。
水質と水温に気をつけながら、
治療を続けていきたいと思います。
いろいろと参考になるアドバイス、
ありがとうございました。
また教えてください。

投稿: あや | 2005.07.04 13:29

bigorangeさん、
前回、コンゴウフグの白点病について相談させていただいた、あやです。
換水治療法を2週間ほど続けて、
コンゴウフグを水槽に戻しました。
ところが数日でまた白点病にかかってしまい、
10日ほど治療を行いました。
そして、再び水槽に戻して2日。
今日見てみるとまたヒレに白いものが。
しかし、白点病ではないようです。
ヒレの先端に白くてフワフワしたものがついていて、
ところどころヒレがボロボロになっています。
リンフォシスティス病かなと思うのですが、
自分の診断があってるのか、
どう治療してあげればよいのかわかりません。
よろしければ、また知恵を貸していただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿: あや | 2005.07.29 21:10

あやさん、ご訪問ありがとうございます。
bigorangeです。

ひれに白くてフワフワしたものがという特徴の病気といえばり、やはりリンフォシスティス病ではないかと思われますね。すこし調べたところ、共通するのは以下のような情報でした。

・白点病よりも大きなものが付着する。カリフラワー病とも呼ばれるらしい。
・いわゆるウイルス感染による潰瘍。
・淡水浴や薬剤による治療が通用しないようである。
・物理的に患部を取り除いてやる必要がある。患部を切り取りるということが一般的なようです。
・傷口となる部分にはエルバージュかヨードチンキを水に溶かしたものを、傷の部分だけに綿棒などで少し塗ってやると傷の治りが早くなる効果があるらしい。
・魚にダメージを与える恐れがある場合、ホンソメワケベラを一緒に飼育してあげる とその患部の”治療”してくれる場合があるとのこと。
・完治までできるだけ清潔な海水を使う。

 少し怖い作業になりますが、該当箇所を切除なりする形で除去して、消毒するようなイメージではないかと思われます。エルバージュをお持ちでないようでしたら楽天市場などでも購入できます。

 楽天市場ならスリーペットさんあたりがお勧めです。つい先日水槽やらクーラーやら購入するために利用したショップさんで、商品について質問したら結構早く回答いただけました。一度やはりショップの方へも相談してみてはいかがでしょうか?

投稿: bigorange | 2005.07.29 23:12

はじめまして。初めて海水魚を購入したのですが、二日前にイエローハコフグを買い始めました。買ってきた日に白い点が一つだけあったのですが、朝起きてみると0.5cm程に拡がり白い部分は粉っぽく、それを膜が覆っている様な感じです。それと底に沈んで元気が無い様子です・・・。白い点は一箇所しかないのですが、購入先に尋ねてもこれといった回答が返ってきませんでした。白点病とは一概には言えないそうですが・・。換水方法を明日から行ってみようと思っていますが、白点病なのでしょうか?後、元の水槽のサンゴの砂とライブロックは洗った方が良いのでしょうか?

投稿: samu | 2005.10.05 23:31

samuさん
ご訪問ありがとうございます。

bigorangeです。

白点病の特徴は「ツブツブ」のような1ミリにも満たないような白い点が「鰭」についていくのが目立つ特徴です。数日で消えたり、増えたりもします。膜というよりは「ツブツブ」です。現在はひとつとのことですが、様子をじっくりみてどうですか?

体をおおうような膜ということであれば、トリコディナというものだと思います。

白点病なら薬を使わない換水方法で対応できます。トリコディナであれば淡水浴で対応してみてください。それぞれのやり方は左側にあります記事メニューから参考にしていただければと思います。

サンゴとライブロックですが、洗ってしまうとせっかくのバクテリアなどにも影響がでると思いますので、そのままが良いと思います。記事でも紹介していますが白点病の原虫は数日以内に魚にとりつかなければ、増えることは無いようです。

私の場合は、一旦発生した場合はすべての魚を水槽から取り出して隔離してしまいます。

水槽に一匹も魚が居なければ、白点病の元は増えたくても、魚に再度寄生できないので自然と減少してくれると思います。

ただ、水槽から取り出している間に、水槽も換水してきれいな海水を保っておけば、白点病を克服して戻したときの再発確立は下げられると思いますので、換水を検討してみてください。

薬をつかわない白点病治療は 2週間程度の長期戦治療方法なので、その間に水槽も一緒に1回だけ数回にわけながら、最終的に全量換水になるようにしておくとよいと思います。

最後に、薬を使う、使わないに限らず魚の体力勝負になります。すでに、すこし元気がないようでしたら、十分な時間をかけて水あわせと温度あわせを行って、できるだけ負担のないようにしてあげてください。

投稿: bigorange | 2005.10.06 00:10

うずまきを購入し、二週間がたちそうになりましが、白点が出てしまい二・三日前までは少しだったので様子を見ていましたが昨日の朝見ると、白点が増えていました。
こちらを参考にさせていただき、10ℓの入れ物を二つ用意し昨日のうちにうつし、今日もうひとつのほうに移したのですが、呼吸がとても速くえさを食べなくなってしまいました。

元の水槽に入るときは呼吸もえさの食いつきも普通でした。

何か原因があるのでしょうか??

このまま、弱っていくのがとてもつらいです。
どうか、助けたいのですがアドバイスお願いします。

投稿: そうまほた | 2006.01.05 20:28

そうまほたさん
ご訪問ありがとうございます。

bigorangeです。

呼吸が速くなる点ですが、一概に原因となるものがわかりませんが、興奮状態や体調があまりよくない状況かも知れませんね。あとは、酸素が足りないなども考えられるのではないでしょうか?

 すこし調べてみて気になったのですが、うずまきなどやっこ類は、水質や環境変化に弱い部類という話がよく見つかりました。ですので、少し以下の点を気にしてみてもらうとよいかと思います。

・水質と水温差に注意する。
 水温をあわせておくほかに、水あわせしながらバケツ間を移動させてみてください。本来であれば、バケツ間移動の際にも水あわせしてしまうと白点病の子虫もはいってしまうとおもいますが、水質差による生体への負担よりは、まだよいと思います。長期戦となるかもしれませんが、少しずつという手はいかがでしょうか?

 また、水あわせする際はエアーチューブなどでゆっくり時間をかけてみるのもポイントではないかと思われます。

 エアーチューブを使った水あわせの方法は、こちらも参考にしていただければと思います。
http://bigorange.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_1abd.html


・酸素不足に注意する
 意外と酸素不足ということがあるかもしれません。使う海水にはすべて前日からエアレーションを強めにかけて、あらかじめ酸素を供給しておくと効果が期待できるかもしれません。

・暗くしておく、静かな場所で行う。
 水槽と違いバケツなど小さな入れ物になりますから、ストレスの原因にもなると思われます。環境変化に弱い品種であれば、布をかけて暗くしておく、静かな場所にするなどの調整が必要と思われます。

 私自身はやっこ類の経験がないのですが、一様に飼育が難しいという話を聞いています。今のところ、この辺ぐらいしかヒントが見つからない状況です。参考になれば幸いです。

投稿: bigorange | 2006.01.05 22:30

早速のお返事ありがとうございました。
教えていただいたようにがんばりましたが日に日に弱っていき、今日死んでしまいました。とても残念な結果です。
とてもかわいそうなことをしてしまいました。

悲しいお知らせで申し訳ないです。

投稿: そうまほた | 2006.01.08 23:01

カクレクマノミが、白点病にかかってしまいました。
イソギンチャクもいるのですが、水換えは、どうしたらいいのですか?教えて下さい。

投稿: はな | 2006.05.25 00:58

はなさん
ご訪問ありがとうございます。

bigorangeです。

 いただいた内容からは状況があまりわからなかったのですが、どのような状況ですか?こちらで紹介しています、薬を使わない白点病治療をするならば、カクレクマノミをバケツなり別の水槽へ取り出して行います。イソギンチャクは、とくに取り出す必要はありませんので、今の水槽にそのまま残してあげてください。

投稿: bigorange | 2006.05.27 00:23

我が家のカクレがついに、白点病にかかってしまたかも・・・
白点らしきものが頭に1つ・・・

白点病も淡水浴でOKですか?

投稿: しず | 2006.07.24 20:42

こんばんわ。今回HPを見させていただき投稿させていただきました。以前カクレクマノミを飼っていましたが白点病で死んでしまいましたが懲りずに2匹飼ってきて3日してから白点病が出てしまいました。

それでご相談なのですが、今私が使っている水槽が30センチです。その水槽にヒコサンZを本日規定量をいれましたが、この方法を行った方が良いのでしょうか?薬で様子を見るのもいいと思うのですが不安です。

投稿: ゆみ | 2006.12.27 23:51

ゆみさん、ご訪問ありがとうございます。
bigorangeです。

 ヒコサンZをご利用されたとのことですが、私は今まで白点病治療に薬を使ったことがありませんので、コメントが難しいです。白点病にもっとも効くといわれているのは銅イオン。ですが、分量をちょっと間違えると、魚に大きなダメージを与えてしまいます。

 ということで薬は使いません。当blogにて公開させていただいています、薬を使わない白点病治療でいつも直してしまっています。魚に体力があり、白点病の白い粒が少ないうちならば、間に合うので薬の効果を見ながら検討してみてください。

 余談ですが、白点病は人間で言うところの風邪と表現をする方もいます。30センチ水槽とのことですと水量が少ないと思いますので、温度の変化影響があると思います。ガラスの側面に断熱をする素材(発泡スチロールやダンボール)を貼り付けるなどで温度ができるだけ変化しないようにしながら、マメな水換えで、水質をきれいに保つとよいかと思います。

投稿: bigorange | 2006.12.28 13:04

はじめまして。コンゴウフグの赤ちゃんを飼い始めて三日で白点病になりました。薬を使うのは怖いので、水換えで治療したいと思います。そこで、お力をお借りしたいのですが、今小さなバケツで二匹治療しています。温度は何日かかけて上げていくんですか?バナナやイチゴはそのままあげていいのですか?やはり水は比重低いほうがいいのですか?教えてください。

投稿: えり | 2008.05.08 21:17

はじめまして。コンゴウフグをかってきてすぐ白点にかかりました。水換えで治療したいのでアドバイスおねがいします。水の比重は今高くしてあるのですが、低い方が効くのですか?毎日の水換えで弱ってきたきがします。バナナやイチゴはそのままたべるんですか?

投稿: eri | 2008.05.08 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/694/743926

この記事へのトラックバック一覧です: ■薬を使わない白点病治療方法2・換水作業方法:

« Slim ミドリフグ飼育セット | トップページ | アントクアリウム人気ですね »