« ■海水魚図鑑 チヂミトサカ | トップページ | ■緊急セール!iPod nanoが大破格の19,800円!なの? »

2005.12.03

■水槽の設置場所を調整すれば太陽光の有効活用でサンゴ飼育

■水槽の設置場所を調整すれば太陽光の有効活用でサンゴ飼育

 水槽の設置場所はどうしていますか?一般的には、水槽は太陽光があたらない場所に設置するのが基本です。これは、太陽光による水温変化を防ぐためや、コケの発生を抑えるためなのですが、私の場合は、窓際の横という微妙な場所にして飼育しています。

 確かに、水槽を日光に過度に当ててしまうと、コケが生えてしまうスピードも上がってしまうのですが、窓際のぎりぎりのところにおいてみると、水槽管理次第では、結構良好な状態になるようです。

これが窓際においてある水槽です。
これが窓際においてある水槽です。

 管理のポイントと気がついたことなのですが

・窓の少し横という微妙な位置が最適です。

 窓の前においてしまうと、日光を当てすぎてしまうことになるので横に少しずらし一日のうち、半日程度光が差し込む位置が良いと思います。

・水温に注意する

 夏は暑くなるので高温に注意。水槽用クーラーで対処しています。また、カーテンをうまく使えば高温は回避できます。冬は日光のおかげで、あまりヒーターが作動しなくてすむようですので、電気代節約に貢献するようです。

・コケの生えすぎへの対策

 コケ抑制剤などの薬品をつかえば、だいぶ違うはずです。でも、サンゴとイソギンチャクの飼育もしていますので、薬品は使えません。これは生物兵器といわれているシッタカ貝や底砂の攪拌に活躍してくれるマガキ貝を多めに入れてあります。あとは、カーテンの開閉で調整すると当たりすぎも調整できますね。

 ちなみに、うちの水槽は一般的な60センチですが、シッタカ貝は10匹以上、マガキ貝が3匹と大目に入れていますが、ちょうどコケの発生量と貝たちの食事量がマッチしているようです。まったくガラス面を掃除していませんが、コケがほとんどなく鑑賞は良好な状態です。

・サンゴの飼育状態に効果があるようです。

 飼育するサンゴの種類にもよるのですが、メタハラライトや蛍光灯など人工的な光よりも、成長している感じが強いような気がするのは、気のせいかもしれませんが、サンゴの成長がすごく早い気がしてならないですね。

スターポリプ
こんな感じで斜めからの日光がきれいに入ります。
こちらはスターポリプです。

F1010009
こちらはハナガササンゴ。購入当時より倍くらい大きくなっています。

F1010010
60センチ水槽を横から覗いてみるとコケの状態や海水の透明感が良い感じです。

 根拠になるデータがあるわけではないのですが、日光の紫外線による殺菌効果とかも期待しています。自然の力もうまく使うと、思わぬ良い効果があるかもしれませんから、お試しあれ (~_~;)


海水魚・熱帯魚・特価品・お買い得商品をさがすならコチラからどうぞ

■海水魚は楽天市場の通販でも購入できますよ。お気に入りの熱帯魚・海水魚通販ショップはこちら
銀座の熱帯魚店・パウパウアクアガーデン/宮古海水魚/スリーペット/ブルースポット/アクアプロショップ/charm/ビオトップジャパン/TropiLand(首都圏最大規模の熱帯魚直輸入直販店)/CEPPO WEB SHOP(名古屋の海水魚専門店)

■水系ペット大集合!最新の水系ペットのblogはコチラがオススメ
人気blogランキングへ投票する
人気blogランキングへ投票する


petlinks
■犬、猫、鳥などペット関連情報はコチラからどうぞ

|

« ■海水魚図鑑 チヂミトサカ | トップページ | ■緊急セール!iPod nanoが大破格の19,800円!なの? »

コメント

メタハラを買う予算もないので、窓際に水槽を移動してみたのですが、イソギンチャク(シライト)には有効だと思いますか??

投稿: 海水初心者 改め しず | 2006.06.21 19:42

しずさん

いつもご訪問ありがとうございます。
bigorangeです。

 太陽光の効果については、我が家のサンゴイソギンチャクは特に問題なく成長しています。ただ、太陽光についてはコケが生えやすくなり、これからの時期は夏ですので、水温が急激に上昇する恐れもあります。試す際には、リスク管理に十分注意してください。

投稿: bigorange | 2006.06.21 23:45

やはり 窓際では茶コケの繁殖が半端じゃないですね (^^;
水温の上昇も・・・ (^^ゞ
冷却ファンだけでは間に合わなくなってきました(^^ゞ
やはりクーラーが必要ですね (^^ゞ

取っても取っても 底砂やらガラスやら色んな所に生えてきます 

茶コケの発生を抑える方法って何かナイですかね
やはり殺菌灯を付けるしかないのでしょうか・・
殺菌灯を付けると、必要な栄養分なども全て殺菌してしまうと聞いた事があるような・・・

イソギンチャクへの影響、ライブロックへの影響が心配・・・
ライブロックには海草(?)やら、小さいキノコ型のサンゴ(なのかなぁ?)の様なモノが多数付いているので・・・


お礼文
 お蔭様で 海水魚飼育にも大分慣れてきました
 初めはどうなることかと思いましたが
 無事にスクスクと育っています
 この前、やっと、外部ろ過機を購入しました
 今後、60cm水槽に変えていく予定なので
 60~75cm用の外部ろ過機です 
 コレで十分ですよね?
 あとは、クーラーを揃えればOKかな?
 
 これからも、よろしくお願いします。

投稿: しず | 2006.06.30 10:47

しずさん

いつもご訪問ありがとうございます。
bigorangeです。

 茶コケについてですが、私もいつも悩みどころです。今までの経験上や文献などから、以下のような点の微妙なバランス関係あるようです。

・光の当て方が強いと増える傾向がある。
・1日に光の当てている長さが長くなるほど増える傾向がある。
・水替え直後は、水道水成分内にあるケイ素(?)が茶ゴケの栄養素になる
・餌の与える量が多いと茶ゴケがよく増える。

 このような点が増えるかどうかのポイントになるようです。

 茶ゴケ対策ですが、最近は便利な薬等もありますが、イソギンチャクなどへの影響を考慮し、利用はやめています。茶ゴケは、シッタカやマガキ貝の餌になるので、むしろ少し残す程度で目だった気になるところをマメに掃除するほうが良いかと思っています。

 殺菌灯については、当blog上で紹介しましたとおり最近導入をしました。が、茶ゴケを抑えていると実感できるほどの効果は、まだ感じていません。ただ、海水の黄バミはだいぶ抑制されている感じがします。

 海水中のバクテリアが死にすぎるという話についてですが、私もきいたことがありますので、動作時間については24時間通電ではなく、タイマーで8時間だけ動かすようにしています。ただし、取り扱い説明書には「24時間通電してください」とありますのでご注意ください。

 最後に、余談になりますが水族館のガラスには、なぜ茶ゴケが無いのか?は疑問に思ったことがあります。聞いてみたところ「基本的に毎日ガラス掃除していますから。」との回答でした。やはり、適度な掃除とメンテナンスが一番のようです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: bigorange | 2006.06.30 23:44

なるほどぉ・・・

やはりマメに掃除するのが1番ですね^^

投稿: しず | 2006.07.02 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/694/7444352

この記事へのトラックバック一覧です: ■水槽の設置場所を調整すれば太陽光の有効活用でサンゴ飼育:

« ■海水魚図鑑 チヂミトサカ | トップページ | ■緊急セール!iPod nanoが大破格の19,800円!なの? »