« ■【換装・分解】Toshiba Canvio Home Backup and Share 3TB (HDNB130XKEK1)【レビュー】 | トップページ | 【NAS HDD換装】LinkStation LS210DのHDDを交換してみました。その2。 »

2018.01.23

【NAS HDD換装】LinkStation LS210DのHDDを交換してみました。その1。

 LinkStation LS210D LS210D0201Cですが、汎用的なNASとは異なっていて、HDDの交換だけでは
簡単にはHDDの換装ができませんでした。HDDを交換とともに、ファームウェアを
HDD内へ転送しなければ機能しませんでした。


 換装や交換は改造行為になるので、保証は効かなくなります。自己責任で
実行される方に向け、情報を残しておこうと思います。参考になれば幸いです。

■交換用HDDの準備します。
 



 交換するHDDを用意します。容量は今回1.5TBを用意しました。
 新品では無いので、パーティション情報をすべて削除しておく必要があります。
 削除しておかないと、ファームを転送する際に失敗原因になります。
 領域をすべて開放した状態でGPTフォーマットしておくと良いようです。

■本体を殻割り・分解してHDDを交換します。
 本体ケースは、残念ながらネジ固定ではありませんでした。
 はめ込み式の爪が上下4箇所ずつ。前後2箇所ずつありました。


 爪をうまく外したいところですが、固く固定されているため
 隙間にマイナスドライバーをいれてテコの原理で思い切って
 折って外すしかありませんでした。

 爪は折ってしまいましたが、特に問題はなさそうでした。

180123_004_4
 ケースを開けて見たところです。全面と背面に2箇所つづあります。

180123_005_2
 上下面には4箇所づつあります。こちらは隙間から見えるので
 見つけやすいと思います。

 その2に続きます。


|

« ■【換装・分解】Toshiba Canvio Home Backup and Share 3TB (HDNB130XKEK1)【レビュー】 | トップページ | 【NAS HDD換装】LinkStation LS210DのHDDを交換してみました。その2。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/694/66313251

この記事へのトラックバック一覧です: 【NAS HDD換装】LinkStation LS210DのHDDを交換してみました。その1。:

« ■【換装・分解】Toshiba Canvio Home Backup and Share 3TB (HDNB130XKEK1)【レビュー】 | トップページ | 【NAS HDD換装】LinkStation LS210DのHDDを交換してみました。その2。 »